モイストゲルクレンジングの使い方

効果的な有効成分が多々配合されているリダーマラボのモイストゲルクレンジングを使用しているのに、効果が現れない方は使い方を誤っている可能性があります。
実際に買い求めて使い始めた方の中には、リダーマラボの特徴の一つのこんにゃくスクラブにより、痛みを覚えるという方も少なくありません。
痛さを感じる場合も例に漏れず誤っている裏付けとなるので、肌トラブルに見舞われないように予防し、本来の優れた効能を得るためにも基本となる使い方を理解しておきましょう。
手に取る量はフルーツのマスカットの一粒よりも若干大きい程度がベストであり、手に出したらすぐに肌に乗せていきますが、スクラブを潰してしまわないように撫でる感覚で優しくマッサージをします。
鼻の黒ずみや皮脂が多い顎、毛穴がざらついていたり突起がある箇所では、指の先端ではなく中央部の腹を使い、円を描く様子でマッサージを繰り返してください。
手順が完了したらお湯などで洗い流すのですが、洗い残してしまわないようにすべく、およそ30秒の時間をかけてすすぎ洗いをしっかりと行います。
こうした一連の使い方の過程がリダーマラボで基礎となるものですが、既に普段自分が行っている事と変わらないのであれば、普段よりも使用量を増幅させて様子を見るのが良いです。
また、製品の強みの一つとして濡れた手でも難なく使用可能だという事が挙げられるため、使用前にお湯に手を付けて体温を高めたり、蒸しタオルで覆ってみるようにしてください。
たとえ手の平や指などがいつもより水気が多くなってしまったとしても、働きが低下せずに本来の成分量のまま使えます。
そして、元来こんにゃくスクラブは赤ちゃんの肌を洗い上げるスポンジに採用されるほどお肌に刺激を加えないのですが、それでも痛いのは力を込めすぎている証です。
一人ずつ力加減が違うのでより良い状態を示すのは難しいですが、粒が潰れない程度の圧力なら許容範囲内です。

 

ページトップへ